Shining Life

サブサイトでは輝く大人の女性になるためのメソッドや役立つライフスタイル情報を配信しています★
もっと人生を輝かせたい大人の女性に贈る
人生情報総合ブログへはこちらからどうぞ
⇩⇩⇩

Shining Life

季節で変化する肌!スキンケア強化ポイントは?

美容情報

 

risa
risa

どうも、現役美容部員のrisaです!

ここでは気になる「美容知識」を勉強していきます!

saki
saki

どうも、現役ママのsakiです!

わぁ~理由を知ればより理解が深まるというやつやね!

risa
risa

そう!というわけで今回は「季節ごとの肌の変化」について学んでいくよ!

saki
saki

よろしくお願いします!!

 

肌の変化は季節を後追いする!

肌が季節と共に変化するというのは化粧品業界でも常識で、エステサロンのメニューとしても珍しいことではありません。

でも、この肌と季節の関係をより詳しく調べてみると、実は肌は季節変化を後追いするように変化している!ということがわかったんです。

saki
saki

どういうこと?

risa
risa

肌は移り行く季節の環境変化に反応してその環境変化に順応しようとするんやけど、その変化が肌の状態として目に見えて現れるまでには、しばらく時間がかかるって言うことやで!

 

まずは、季節ごとの紫外線残量を見てみましょう。

見ての通り、寒い時期は紫外線量が減って、暑い時期にかけて紫外線量が増えていることが分かります。

これによって「暑い時期は肌が黒くなり、寒い時期は肌が白くなる」という風に考えられていたんですね。

 

しかし、実際は「肌は季節を後追いする」ということが分かりました。

季節ごとの肌の明度のグラフを見てみましょう。

数値が高いほど「肌の明度が明るい」のですが、一番紫外線量の少ない冬に比べて、春のほうが肌の明度が高いとお分かりいただけますでしょうか?

 

常識的に考えると「紫外線が増えると日焼けによって肌の明度は暗くなる」はずです。

ところが肌の明度は逆に明るくなっているというわけです。

春は皮膚が最も薄くて日差しに無防備!!

 

春は日射量が急激に増える時期です。

ですが、肌色は季節の中で一番明るく、紫外線に無防備な状態になります。

risa
risa

真夏に比べて、春のほうが皮膚トラブルが起きやすい原因の1つは、これでもあるんですよ。

 

saki
saki

え~!!知らんかった!

夏さえきちんと紫外線対策してればいいものとばかり…

 

 

risa
risa

無防備な時にこそちゃんと対策をしておかないと、肌は大ダメージをうけてまうんよ。

 

やから、春の日差しに対するケアはとーっても重要なんやで!!

 

 

さっきのグラフを見てみると、夏から秋にかけては紫外線が減少しているのに対して、肌の明度は暗くなっていますよね。

これも今までの常識とは逆の変化です。

グラフを比較してみると、紫外線の増減に対して、肌の明度がその後を追いかけるように1シーズン遅れて増減を繰り返していることにお気づきになられたでしょうか??

つまり、肌は季節を追いかけるよう変化しているということです。

そして、その毎年の繰り返しが積み重なって「肌の色の加齢変化」=「くすみ」に繋がっていくんです!

10代から20代へ肌の色は明るく黄味をマシ、明るさは20代でピークになります。

その後は、さらに黄味を増して年齢と共に徐々に暗くなっていきます。

肌色が季節を追いかけて変化していくという現象と合わせて考えると、肌色のエイジングはこの1年周期の季節変化が翌年に持ち越され、徐々に蓄積されていくことと関連があるのではないかと予想されています。

risa
risa

要するに「前年の日焼け分を翌年に持ち越さない」ことで美容対策はできるんです!

saki
saki

今から頑張ります!!

季節と肌の変化・スキンケア強化ポイント

ここまでで「肌は季節を後追いする」ということは分かりました。

なので、ここからは

  • 季節ごとに肌の状態はどうなるのか?
  • 季節ごとのスキンケア強化ポイント

を説明していきますね♪

saki
saki

季節に応じたスキンケア方法が分かれば、紫外線対策はバッチリやね!

risa
risa

そう!まずは表でざっくりまとめたものを見せてから、詳細を紹介してくよ♪

 

というわけで、まずは「季節ごとのスキンケア強化ポイント」を見ていきましょう。

肌にもっとも影響を与える「紫外線の強さ・量」と「気温×湿度(潤滑指数)」の特徴に合わせて、2か月ごとの6つの季節区分を設定し、肌に対するスキンケア強化ポイントを6つ設定したものです。

 

これを参考に、それぞれの季節の2つのスキンケア強化ポイントを含む、年間のスキンケアプランを見てみましょう。

春(2~3月度)

強化ポイント
  • 保湿(いたわり)
  • UV予防

最も紫外線の少ない真冬を過ぎたこの時期は、紫外線が増加して気温や湿度も徐々に上がってきます。

でも、肌は冬の影響が現れて、肌の色はもっとも明るくなる時期です。

 

risa
risa

紫外線が増えるなのに、肌は逆にメラニンの少ない明るい無防備な状態になるってことです。

ここで要注意なのが、肌が無防備な状態なのにも関わらず、何の対策もせずに人は日差しを求めて花見などに出かけてしまうことです。

saki
saki

うっかり紫外線を浴びる機会が増える時期なんやね。

なので、この時期の紫外線に対するケアは、予防中心になります。

また、冬の代謝低下の後遺症で、乾燥肌荒れが進む時期でもあるので、肌をいたわりながらの保湿がもう一つのポイントとなります。

risa
risa

パックマスクを使うと効果的ですよ♪

 

初夏(4~5月)

強化ポイント
  • UV予防
  • 洗顔

 

一年中でもっとも紫外線が急激に増える時期でもあり、気温も急上昇します。

肌の色はようやく暗くなるほうに向かっていくのですが、紫外線の急増にはついていけません。

ですが、スポーツやピクニックなど、アウトドアで楽しむ機会はますます多くなります。

なので、この時期も紫外線に対するケアは予防中心になります。

 

また、ほこりや花粉の多いこの時期は、気温の上昇とともに皮脂分泌が活発化します。

risa
risa

肌が汚れやすい時期なんです。

なので、念入りな洗顔がもう一つのポイントとなります。

 

夏(6~7月度)

強化ポイント
  • 洗顔
  • 美白

 

一年中でもっとも紫外線が強くて、梅雨明け以降の好天によって、紫外線の量ももっとも多い時期です。

春からの紫外線で肌はさらに暗くなって、紫外線に対する抵抗力が高まっています。

ですが、これはメラニンが多いということでもあり、シミ・そばかすの原因にもなり得ます。

risa
risa

この時期はしっかりとした紫外線対策が必要です!

サンバーン(日焼け)を起こすUVB(中波長紫外線)も多くなるので、紫外線防御に力を入れつつ、メラニンの生成を制御することがポイントになります。

また、気温や湿度も最高になり、肌は脂っぽく常に汗ばんでいるので汚れやすく、かぶれを起こしたり化粧崩れも本格化します。

なので、肌を清潔に保つことも重要なポイントです。

risa
risa

洗顔回数を増やすなどして、常に清潔な肌を保つように心がけましょう♪

 

秋(8~9月)

強化ポイント
  • 美白
  • 角質ケア

 

春以降、多かった紫外線はようやく減ってきて、気温や湿度も徐々にですが下がってきます。

環境的には穏やかになってくるんですが、肌には春~夏のダメージが紫外線のダメージが一番現れる時期なので、肌色は一年の中でもっとも暗くなります。

これは、肌へのメラニンの沈着が多く、角質肥厚がもっとも進んだ状態です。

risa
risa

この時期のケアのポイントは、春~夏に受けた紫外線ダメージを効果的に回復するということです!

なので、ケアの強化ポイントは肌に沈着したメラニンの排泄を促進する「美白ケア」と「角質肥厚を解消」することです。

 

初冬(10~11月)

強化ポイント
  • 角質ケア
  • 保湿(再強化)

紫外線・気温・湿度は秋に比べてさらに減少していきます。

saki
saki

肌の色は徐々に明るくなるんやね!

risa
risa

そう!だけど、角質肥厚はまだまだ残ってるから、温度や湿度の低下にともなって肌がめちゃくちゃ乾燥しやすくなるんやで。

saki
saki

え~~~!!

この時期のケアの強化ポイントは「化粧水や乳液などで保湿成分を補給する」というベーシックな保湿ケアを徹底すること。

それに加えて、角質ケアをしていくことがポイントになります。

 

冬(12~1月)

強化ポイント
  • 血行促進
  • 保湿(内部活性)

冬は紫外線がもっとも少なく、一年の中で気温がもっとも低くなる時期です。

太平洋側を中心に、湿度も低下します。

なので、肌の色はさらに明るくなります。

saki
saki

肌には一番ダメージが少ない時期なんやね。

risa
risa

そうとも限らんよ。寒い時期は血行不足や代謝が低下するから、乾燥や肌荒れをお起こしやすくなるんよ。

saki
saki

一年中、スキンケアは怠るなということか…

risa
risa

そういうことにやね!

血行不足や代謝の低下を補うには、血行促進のためにマッサージを行うといいでしょう。

私たちの身体は、寒い時に血液の循環を脳や心臓部などの中心部に集め、皮膚などの体表面に近い抹消機関への循環を減らして、熱の放散をおさえて体温の低下を防ごうとします。

これが皮膚の代謝を鈍らせる原因だと言われているんです。

なのでこの時期のケアポイントは、肌のマッサージだけでなく、全身を温める入浴やパックをあわせて行うことによって、身体全体の血行・代謝を促進して内部からの保湿ケアを加えることです。

 

年間スキンケアプランで目指せ美人肌!!

 

risa
risa

今日のお勉強はここまでです!

 

「季節によって肌にどんな影響を与えるのか」「季節ごとの強化スキンケア」についてお話ししましたが、どうでしたか?

 

 

 

saki
saki

知らんまま歳だけを重ねるところやったわ…。

 

risa
risa

早くに気付いて正しいスキンケアをすることが、美肌への第一歩やからね!

 

saki
saki

どの時期にどんなスキンケアをすればいいんか分かったし、これから実践していきます!

risa
risa

はい!じゃあ、最後に季節ごとのスキンケア強化ポイントをおさらいするで!

 

季節強化ポイント

(2~3月)

  • 保湿(いたわり)
  • UV予防

初夏

(4~5月)

  • UV予防
  • 洗顔

(6~7月)

  • 洗顔
  • 美白

(8~9月)

  • 美白
  • 角質ケア

初冬

(10~11月)

  • 角質ケア
  • 保湿(再強化)

(12~1月)

  • 血行促進
  • 保湿(内部活性)

 

ではまた次回、お楽しみに♪♪

Twitterでも情報発信中→@risaki_business

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました