Shining Life

サブサイトでは輝く大人の女性になるためのメソッドや役立つライフスタイル情報を配信しています★
もっと人生を輝かせたい大人の女性に贈る
人生情報総合ブログへはこちらからどうぞ
⇩⇩⇩

Shining Life

シワに勝つ!ハリ肌になるための7つの生活習慣!

お悩み相談

 

risa
risa

どうも、risaです!

前回に引き続き「ハリ肌になるための習慣」をお伝えしていきます!

 

saki
saki

いよいよこれで最終の「第三弾」やね!

risa
risa

ハリ肌習慣!第三弾は…「生活編」です!

 

\こちらの記事も合わせてチェック/

 

シワに勝つ!7つの生活習慣をマスターせよ!

 

シワに勝つための、生活習慣のポイントは…

美姿勢を意識して老け防止!

 

①うつむきスマホをやめて首シワのリスク回避!

 

うつむきスマホは姿勢も自然と猫背になってしまうもの。

猫背でいると、うつむきスマホが当たり前になってしまいます。

長時間、悪い姿勢でうつむくと、たるみができて特に首元がたるみジワになりやすくなるんです。

risa
risa

首元だけやなくて、あご・頬などもたるんでほうれい線とかの原因にもなるんやで!

常に「背筋を伸ばす」姿勢を意識して、たるみジワのリスクを大幅に減らしちゃいましょう♪

 

 

②首の寝ジワは枕を変えるべし!

 

高めの枕を毎日使っているあなた!

risa
risa

それ、実は首の寝ジワを増やしているかもしれませんよ?

眠るときの理想の姿勢は、横になった時とまっすぐ立ったときとで同じ状態であるかどうかです。

高すぎる枕を使っていると、うつむきスマホ同様に首にたるみジワ(寝ジワ)ができやすくなってしまいます。

なるべく低めの枕を選ぶのがポイントで、寝るときも美姿勢をキープでき、シワ予防に繋がります。

自分に合った枕を探してみてね♪

 

 

③まぶたのたるみケアでデコジワを予防!

 

まぶたのたるみは、それだけでも老け顔の大きな要因で、とっても嫌なものですよね?

それなのに!

さらにそのまぶたのたるみが原因で、余計なシワまで作ってしまうって知ってましたか?

saki
saki

え?!老けが老けを呼ぶん?!

risa
risa

そうやねん!

 

まぶたがたるむことによって、視界は少なからず狭くなってしまいます。

その狭くなった視界を少しでも戻そうと、無意識にやってしまうのが「目の見開き」です。

実はこの目の見開きが”おでこの表情ジワ”の原因になってしまうんです!

目を見開くことによって、おでこが持ち上げられて、シワができます。

これを繰り返すことによって、おでこのシワが「定着シワ」になってしまうんです!

saki
saki

え~おでこにずっとシワができたままになるってこと?!

risa
risa

そやで!まぶたはたるむわ、おでこはシワできてるわで、老け顔のオンパレードになってまうねん。

 

そんなおでこの表情ジワも「眼輪筋」と言われる目の周りの筋肉を鍛えることで、防ぐことができます。

 

眼輪筋を鍛えるには?
  1. 手のひらでおでこ全体をおさえて目を閉じる
  2. おでこを動かさないように意識して、一気に目を見開く

 

まぶたのたるみが気になってきているのであれば、ぜひこれを実践して「おでこジワ」を予防してくださいね♪

 

 

④長風呂&高温シャワーをやめる!

 

長風呂と高温のシャワーも、シワの原因になります。

というのも、高温のシャワーも長風呂も、乾燥の原因になってしまうからなんです。

寒い今の時期ほど、熱いシャワーや長風呂で暖まりたい気持ちも分かりますが、肌にとってはよくありません。

42度以上のシャワー・長風呂は、肌に必要な皮脂まで落としてしまうので、肌が乾燥しがちになってしまいます。

肌が乾燥すれば「小ジワ」があちこちにできてしまう原因に

顔だけでなく、身体までシワシワになってしまう可能性があるので、お風呂は短め!を意識してみましょう!

risa
risa

熱いシャワーを肌に直にあてるのも、余分な皮脂を洗い流してしまうことになるので、洗顔をお風呂でするも必ず手を介して洗い流してくださいね♪

 

 

⑤シワにはウォーキング!

 

運動の一環として、ウォーキングやランニングを日常的に行っている人もいると思います。

しかし、シワ予防を考えるなら「走るより歩く」です!

有酸素運動であるランニングは、やりすぎると体内で活性酸素が増えて老化が加速する原因になります。

risa
risa

運動をするのであれば、紫外線対策をしっかりとして1駅歩いたり、エスカレーターやエレベーターではなく階段を使うことを意識すると、シワ予防にもなりますよ♪

 

 

⑥加湿器は10月から使う!

 

秋冬は暖房を使うので、室内はとっても乾燥してしまいます。

室内の乾燥に伴い、肌も水分が奪われてしまうので、カサカサになってしまう「小ジワ」ができやすい要注意な時期。

risa
risa

そこで役に立つのが加湿器です♪

部屋の湿度は55%~60%をキープして、肌の各層から水分が逃げるのを防ぐことを意識しましょう!

加湿器を使いだす目安としては10月頃から。

湿度が50%を下回るようになってくれば、加湿器の出番の合図です!

 

 

⑦睡眠は7時間取るべし!

 

シワなし肌の基本は「7時間睡眠をとること」です。

これは、成人女性の理想の睡眠時間になります。

とくに、寝ている間に分泌される”メラトニン”というホルモンは、シワ予防に欠かせない抗酸化作用があります。

このホルモンが分泌されるピークの時間帯が「0時~3時」なので、早めに就寝するのが◎。

 

でも忙しくて7時間も睡眠時間を取ってられない!」という人もいますよね?

risa
risa

そんな人は「0時~3時」のメラトニンの分泌量がピークになる時間だけでも睡眠をとれるように意識してみてください♬

 

 

シワ予防生活習慣であなたもハリ肌♪

 

いかがでしたか?

これで第一弾~第三段までの「ハリ肌習慣」は終わりです♪

スキンケア・食事・生活のいつもの習慣を変えるだけで、シワ予防はできます!

ぜひみなさんも試してみてくださいね。

 

ハリ肌生活習慣まとめ
  1. うつむきスマホをやめる!
  2. 枕は低めを選ぶ!
  3. まぶたのたるみケアでデコジワ予防!
  4. 長風呂&高温シャワーはやめる!
  5. シワ予防には走るより歩く!
  6. 10月から加湿器を使う!
  7. シワなし肌の基本は7時間睡眠!

 

\こちらの記事も合わせてチェック/

 

今回参考にさせていただいた雑誌・LDKでは、美容に関する情報がたくさん載っています!

みなさんもぜひ読んでみてくださいね♪

 

\LDK the beauty 2020年2月号/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました