Shining Life

サブサイトでは輝く大人の女性になるためのメソッドや役立つライフスタイル情報を配信しています★
もっと人生を輝かせたい大人の女性に贈る
人生情報総合ブログへはこちらからどうぞ
⇩⇩⇩

Shining Life

ポーラ化成「抗硬化ケア」で柔らかな肌の実現へ

美容業界情報

 

risa
risa

どうもrisaです!

「抗硬化ケア」とは?気になる記事を早速見てみましょう!

 

 

引用元:週刊粧業

角層硬化の原因はバスケットウィーブ構造の発達不足と判明

ポーラ化成工業は、バスケットウィーブ構造が発達した角層は、未発達な角層と比べて柔らかいことを明らかにした。

肌のやわらかさだけでなくバリア機能にも寄与するため、バスケットウィーブ構造を発達させることで敏感肌や肌荒れの改善も期待できるという。

すでに角層をバスケットウィーブ構造に発達させる製剤の開発にも成功している。

正常に成熟した角層では、表層部の接着たんぱくの分解が進み、バスケットウィーブ構造へ発達することで、バリア機能の高い肌となる。

一方、角層の成熟が不十分だと、バスケットウィーブ構造も未発達であり、バリア機能が低下し肌が敏感になるほか、ごわつきを感じることがある。

これは、細胞同士が固く接着しあっているために、角層に柔軟性がないことが一因と考えられている。

そこで、同社ではバスケットウィーブ構造の発達と角層の硬化との関係を検証した。

検証では、女性132名(20~79歳)の頬から採取した最表面の角層細胞を比較し、バスケットウィーブ構造が発達したヒトと未発達なヒトを30名ずつ抽出するとともに、この2グループの頬部の柔軟性を比較した。

その結果、バスケットウィーブ構造が発達した角層の肌は、未発達な肌と比べて柔らかいことが判明した。

つまり、バスケットウィーブ構造を発達させることで、肌表面をふっくら柔軟な状態に整える角層の「抗硬化ケア」が期待できることが分かった。

同社では、バスケットウィーブ構造の発達を助ける技術として、規則的な構造をした水系のベースに油滴と粉体を含ませた製剤が有効であることを見出し、この製剤で「抗硬化ケア」をすることにより、やわらかい肌に整える効果ができるほか、敏感肌が改善する効果も期待できるという。

saki
saki

バスケットウィーブ構造??

 

risa
risa

肌のバリア機能に必要な構造のことやで!

健やかな角層は、上下の角層細胞同士が離れているバスケットウィーブ構造になってるんよ。

組織学的な方法で観察すると、かごの目のように見えることからこう呼ばれてるんよ。

 

saki
saki

なるほど~!

 

risa
risa

ちなみにこのバスケットウィーブ構造は、睡眠不足で損なわれるんやで。

睡眠不足によってバスケットウィーブ構造が作られないことで、肌のバリア機能が低下して肌荒れの原因にもなるんよ。

saki
saki

ちゃんと睡眠をとることでバスケットウィーブ構造が損なわれずにバリア機能も正常に働いて、肌の抗硬化ケアにもなるということやね!

 

risa
risa

そういうこと!

では、また次回の美容情報をお楽しみに♪

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました